食と健康を考える

栄養士は、病院や学校、食品メーカーやレストラン、社会福祉施設や社員食堂などが主な仕事場となりますが、その中でも一番人気が高いのが病院に勤務する栄養士です。
栄養のスペシャリストでもある栄養士は、人の健康を食事の面からサポートすることが仕事です。
栄養士を志望する理由の中で一番多いのが、食を通して食べる人が健康になってほしいから、というもの。
その志望理由通りの仕事ができるのが病院ですので、したがって病院での栄養士の仕事が最も人気が高いものと思われます。

栄養士が病院で勤務することになる場合、任される仕事は入院している患者さんの栄養管理と栄養についての指導となります。
病院ではかかっている病気の関係で、お薬と相性が悪い食事をさせてしまってはいけませんので、その点には充分に注意しながら献立を考えなければなりません。
勿論健康に必要となる栄養を算定し、既定値以内にしっかりと治まるような、理想的な食事を提供することも仕事となります。

場合によっては治療や看護にあたる関係者とチームになって食事の内容について考えることもあります。
また、患者さんの歯が悪いことも多いですので、食べやすくそして美味しい食事になるように、料理にも工夫を加えなければなりません。

栄養指導については、入院患者さんに直接指導をすることもしばしばありますし、その他にも患者が退院した後にも継続して指導を行うケースもあります。
特に退院した後は、栄養士自身が食事を提供できるわけではありませんので、患者さん本人が料理をしない場合には、ご家族の方々へ栄養指導をすることもあります。

健康な体を目指すという点では、栄養士は医療と全く同じ目標を持っていますので、人を助けたいという方にとっては、やりがいを充分に感じられる仕事であると言えるでしょう。
しかし、仕事にやりがいがある一方で、悩みごとが尽きないことも病院に勤務する栄養士の欠点です。

病院勤務のデメリット

施設によって勤務体系は変わってきますが、病院に勤務することになると、昼夜を問わずに働かなければならないことも多いです。
求人票に書かれる勤務時間などは、基本的には法律に則った時間となりますが、実際のところは残業が多いという施設も多いです。

また、病院勤務の場合にはシフト制で仕事をしなければならないということもデメリットです。
基本的に病院は毎日運営しなければなりませんので、土日や祝日などの定休という概念はありません。
仕事で土日が潰れてしまい、私生活とのバランスが取り辛いのも難点です。
そして、朝食を作ることも栄養士の仕事となりますので、朝からのシフトの場合には早朝に出勤しなければなりませんので、朝がとにかく苦手だという方はその点も忘れてはなりません。