社長職に就いている栄養士

浅野まみこは管理栄養士の資格を保有しているだけではなく、社長職を務めています。
浅野まみこが社長を務めている会社は、健康や食事に関する事業を行っています。
例えば健康や食事関連の商品を取り扱い、そのアドバイスやコンサルティングなども行っていますし、一般的な試食会や料理の撮影、新たなメニューの開発にも取り組んでいるのです。
健康セミナーや各種イベントに呼ばれることもあります。

浅野まみこは管理栄養士の資格を持っているので、栄養士が行うような仕事も当然行っているため、栄養士の仕事をそのまま事業として行っていると思えばよいでしょう。
最近は栄養が偏っている子供が多いですし、大人であっても忙しくて簡単な食事ばかりになってしまうという人が多いのです。
このような相談にも乗ってもらえるので、何か食事や健康に関する悩みがあれば、相談してみるとよいでしょう。

ただし、浅野まみこは医師や看護師など医療関連の資格は持っていないので、健康の相談とは言っても、病気に関する相談は難しいでしょう。
あくまでどのような食事をすれば健康を維持できるようになるのかという感じの相談だと思ってほしいと思います。
健康食品なども販売しているので、興味がある人はどのような商品を取り扱っているのか確かめてみるとよいでしょう。

食事に関する本もいくつか出版している

浅野まみこは食事に関する本もいくつか出版しているのですが、主な本は外食でも健康になることができるという内容や、楽をして食事を作ることができるという内容、食生活を改善することでダイエットができるという内容になっています。
特に現在では食生活が欧米化しているので、肥満体型の人がかなり増加していると言えるでしょう。

欧米化の食生活の全てが悪いというわけではありませんが、脂っこくて糖分の多い食事が多くなっているのも事実です。
それに対して和食はカロリーも低く、あっさりとしている上に、味がしっかりと付いている食事が多いため、和食を中心にした食生活に戻すべきでしょう。
食事は毎日行うので、しっかりと栄養配分を考えてメニューを作成しないといけません。

食生活が欧米化しているだけではなく、最近では独身が多いことや、不景気と増税によって生活環境が悪化し、共働きをしている人が多いのも食生活が乱れてしまう原因だと言えるでしょう。
食生活を改善するだけでも、ダイエットに成功する可能性がかなり上がりますし、病気になる可能性も下がります。
浅野まみこはレシピ本も出しているので、あまり料理が得意ではなく、どのようなメニューにすればよいのか思いつかないという人は、レシピ本を参考にして日々のメニューを考えるという方法もよいでしょう。