メタボ研究に力を入れている

食生活の欧米化や、生活習慣の乱れなどによって、近年ではメタボ体型の人が増えている傾向にありますが、平井千里は病院で管理栄養士の仕事をしていることから、メタボに関して力を入れて取り組んでいます。
メタボ体型の人は健康にも十分注意する必要があります。
なぜなら体重が重いということは、その分体に負担がかかっているからです。

特に足腰やひざの関節などには注意が必要で、若いうちであればまだしも、ある程度年齢を重ねていくと、膝が痛くなるという症状が出る人も多くなっています。
しかもメタボ体型の人は代謝が悪くなる傾向にあるので、年を取っていくとダイエットが大変になる人も多いのです。
肌荒れや便秘、体温の低下や下痢、糖尿病や高血圧などの症状が出ることもあるので、できれば若いうちにダイエットをしておくべきでしょう。

もちろん年を取ったからと言って、ダイエットを諦めるようなことをしてはいけません。
平井千里は管理栄養士なので、メタボを改善するための食事などにはとても詳しいため、執筆した記事などを参考にしてみるのもよいでしょう。
ダイエットは正しい方法で行わないと、健康を害してしまう可能性もあるので、決して無理をしないで専門家に相談する、インターネットや書籍で正しい情報を集めるというような対策も必要になります。

痩せるとやつれるでは意味が違う

人によっては環境が変わったことで体重が減る、仕事がきつくて体重が減るということもあるでしょうが、体重が減ることだけが痩せるということではありません。
痩せるというのは体重が減少するだけではなく、体脂肪も減少し、健康的に体重が減少することを指します。
一方でやつれるというのは、体力が落ちてしまう、体重だけ減って体脂肪は減っていないなど、不健康に痩せることを指すと思ってよいでしょう。

特にやつれてしまう人は、体調が回復すると体重が戻ってしまうことが多いのも特徴です。
よってダイエットをしてもすぐリバウンドをしてしまう傾向にある人は注意しないといけません。
平井千里は病院で管理栄養士として勤務しているのですが、よく病院に来る人の中でも、ダイエットをして体調を崩したという人がいます。

このような人は間違ったダイエットを行っており、不健康な状態だと言えるでしょう。
また、無理をして短期間で急激に体重を落としてしまうと、リバウンドしやすくなるだけではなく、体重が減りにくい体質になってしまうこともあるのです。
よってダイエットは時間をかけて徐々に行うこと、無理をしないこと、正しい方法で行うことがとても重要になります。
ちょっとしたことに注意するだけでも、ダイエットの成功率は上がるということも平井千里は呼びかけています。