栄養管理だけではなく療養食にも精通している

一政晶子は管理栄養士の資格を持っているのですが、管理栄養士は、どのような食事を行えば健康によいのか、どのような食事を行えばダイエットに成功できるのかという内容が多いでしょう。
このように栄養全般の知識に精通しているのが管理栄養士なのですが、一政晶子は療養食に関しての知識にも精通しているのです。
療養食というのは、簡単に言えば食事療法のことです。

管理栄養士は病院に通うほどの病気を患っている人に対してではなく、健康な人やメタボ体型の人などに対して、どのような食事を行えばよいのかという内容が一般的でしょう。
それに対して療養食の場合には、入院患者やリハビリを行っている人などを対象に、どのような食事をすればよいのかという内容が主な仕事です。
ようするに栄養士にはいろいろな分野が存在しているということなのですが、療養食は体が弱っている人がどのような栄養を摂取するべきなのかという知識が必要になります。

そのため、多少医療に関する知識が必要になるのですが、一政晶子は療養食に関する知識も持っています。
病気で辛い思いをしている人であっても、食事はきちんと摂取しなければいけませんし、健康なときと同じ食事ではいけません。
病気の内容や現在の症状に応じてメニューを考えなければいけない点が難しいのです。

食事は病気の予防と改善には重要

食事は大半の人が1日3食取っているのですが、食習慣によって健康にもかなり影響が出てしまいます。
管理栄養士であれば知っていて当然なのですが、食生活の改善によって、病気の予防にも効果を発揮すると一政晶子は言っています。
しかも療養食と言って、病気の症状に応じてメニューを作成し、病気の改善にも効果的なのです。

重要なのはどのような病気にかかっているのか、かかっている病気に対して、どのような食事を行えばよいのかというのが重要になります。
管理栄養士の資格を持っているだけでは、ここまでの知識を得るのが難しいのですが、一政晶子は管理栄養士以外にも、米国登録栄養士や米国栄養サポート臨床師、臨床栄養学修士などの資格を保有しています。
これだけの資格を取るためには、かなりの知識が必要になるのですが、だからこそ療養食に関する知識も持っているのでしょう。

食生活によって病気の予防ができるというのは、若いうちでも年を取ってからでも同様であり、一政晶子は60歳になってからでも健康な生活ができるようなレシピを本にして出版しています。
メディアにも記載された実績を持っていますし、アメリカでの活動が多くなっているのが特徴でしょう。
アメリカでは日本以上に肥満の人が多いので、かなり食事の改善が必要になる国だからこそ、アメリカを中心に活動しているのでしょう。