最近は男性の栄養士も増えている

栄養士と言えば、女性が取得する資格というイメージが強いと思いますが、最近は男性でも料理が得意という人がかなり増加していることから、男性が管理栄養士の資格を取得するケースも増えているのです。
嘉村けんしも男性でありながら、管理栄養士の資格を取得した1人なのですが、管理栄養士というのは、昔から男女どちらでも取得できる資格でした。
看護師や保育士のように、昔は看護婦、保母さんと言ったように、女性特有の資格ではなかったので、確かに男性の管理栄養士も存在していたものの、数は少なかったのです。

最近は女性であっても料理が苦手という人がかなり増加しているため、料理教室などに男性が通うケースも増えています。
管理栄養士の資格を取得している人は、自分で料理ができるという人が大半を占めているので、当然嘉村けんしも料理は得意です。
料理を行いながら栄養に関して指導をすると、かなりわかりやすく相手に伝わります。

料理教室を行っている

昔の日本人女性は、子供のうちに祖母や母親から料理を教わるというのが定番でしたが、最近は親の指導力低下、核家族化が進んでいることから、このような日本の古き良き習慣が失われてきています。
そのため、料理教室に通って料理を勉強するという人も増えているのですが、管理栄養士の資格を保有している嘉村けんしは、料理教室を開いています。
もちろん女性が多くなっているのですが、近年では男性が料理教室に通うケースも増えています。

嘉村けんしは学生の頃から食べることが好きだったので、多くの人が気軽に手作りできる料理を教えているのです。
しかも栄養配分がきちんと考えられているので、体によいことはいうまでもありません。
指導方法もいろいろ設けられているのですが、一般的なある程度まとまった人数をいっぺんに教えるコースだけではなく、マンツーマンのコースも設けられています。

さらに料理を全く行わない人向けのビギナーコースから、ある程度は料理ができるけれど、あまり自信がないという人向けの花嫁修業コースなどが設けられています。
勉強やスポーツでもそうなのですが、料理でもやはりその人のレベルに合わせた指導方法というのが大切になります。
基礎ができていないのに、いきなりレベルの高い指導を行っても、ついてこられるわけはないでしょう。

そのため、まずは基本をしっかりと取得してからレベルアップをしていくべきというのが嘉村けんしの指導方法なのです。
嘉村けんしは料理教室を開催しているだけではなく、テレビ出演やラジオ出演の経験もありますし、新聞に取り上げられた経験も持っています。
メディアからも注目されている管理栄養士なので、指導を受けてみたいと思う人が多いのでしょう。