小学校の栄養士をしている

松丸奨は小学校で栄養士の仕事をしています。
知っての通り小学校に通っている児童は、これから大きく成長していく大切な時期なので、栄養のバランスをきちんとすることはとても重要だと言えるでしょう。
小さなうちから栄養が偏ってしまうと、大人になってから虚弱体質になってしまうこともあるので、きちんとした食生活を送る必要があります。

だからこそ小学校には松丸奨のような栄養士が勤務し、給食の献立を考えていかないといけません。
特に子供たちは野菜が嫌いなことが多いのですが、野菜には多数の栄養素が含まれているので、小さなうちから摂取しておく必要があります。
そこでどのようにすれば子供たちが野菜を積極的に食べてくれるのかという点まで考えながら献立を考えるのですが、多いのは子供たちが好きなメニューに混ぜてしまうという方法でしょう。

そうすることで苦手な野菜を摂取してくれるようになるのですが、毎日同じような献立では当然飽きられてしまうので、大体1ヵ月周期ぐらいで同じメニューの給食を出すことが多くなっています。
1ヵ月間異なる献立を作成するのはとても大変ですし、栄養配分もきちんと考え、適切な栄養素を補給してもらうようになります。
中には地域に特化したようなメニューもあるのですが、できるだけ美味しく食べてもらえるように考えるのは大変なことなのです。

栄養士の仕事はとても難しいですが、松丸奨は全力で取り組んでいますし、食育という授業も時々行っています。
食育というのは、食事の大切さや重要さを教える授業です。
これも栄養士の仕事なのですが、楽しく毎日の仕事を行うことで、多くの人が共感してくれることもあります。

テレビ新聞などにも出演している

松丸奨は常に小学校で勤務しているというわけではなく、ときにはテレビや新聞などに顔を出すこともあります。
レシピ本なども出しているので、見たことがあるという人もいるでしょう。
しかし、芸能人として出演しているのではなく、あくまで本業である栄養士として、栄養関連の番組や生地に出演しているのです。

新聞も全国紙から地方紙まで記事が載ったこともありますし、テレビもよく知られている朝の情報番組に出演し、松丸奨が取り上げられたこともあります。
日本は世界屈指の農業技術を持っているのですが、最近はどんどん農地が少なくなっているのが現状なので、より地元の食材などに注目しています。

このような地元の食材に関する番組にも出演経験があるのですが、料理研究家としてではなく、あくまで栄養士としての出演となっています。
地元の食材で食育を行うことの大切さを伝えるためや、児童に対してこのような思いで仕事をしているなど、いろいろなことでメディアに取り上げてもらっています。