栄養士の需要

栄養士が活躍する場は、主に病院などの医療機関や、学校、会社の食堂や介護施設などになりますが、最近では企業も栄養士の資格を持っている人材を欲しています。
現在、健康への関心が高まってきたこともあり、食に対する考え方も次第に変化してきました。
そこで食品メーカーなどの企業は、健康に配慮した新商品を作るべく、栄養士を必要としているというわけです。

また、栄養士を欲しているのは食品メーカーだけではありません。
最近ではコンビニに並べる商品の開発についても栄養士がプロデュースするケースも出てきています。
競争が激化しているコンビニ業界ですが、その中で栄養士はどのような仕事をしているのでしょうか。

商品開発の仕事

栄養士がする商品開発の具体的な仕事内容としては、まずは情報収集から始まります。
お客様からどのようなニーズがあるのかを入念に調査し、新商品のコンセプトを決めなければなりません。

そして、情報収集と商品コンセプトが決まったら、次にするのが試作です。
この段階では、メニューを何にするかを決め、またどのような原材料を使用するのかについて検討することになります。
また試作の段階ではどの程度の利益が出るのかについても計算しなければなりませんので、栄養士としてメニューを考えるだけでなく、経理や財務的な知識もある程度必要になる可能性もあります。

試作が終わると総合的な評価をして、商品化するかどうかが検討されることになります。
ここでは商品を作るために必要となるコストを細かく計算され、本当に売れるのかどうかについて、最終確認をすることになります。
このように、栄養士がコンビニ弁当の開発に携わることも最近では増えてきています。

商品を開発するという仕事はこれまでの栄養士には無かった仕事となりますので、少しためらう方もいるかもしれませんが、食事を通して健康を届けるという栄養士の本質自体は何ら変わりありません。
学校での勤務や給食を作る会社での勤務となると調理をすることがメインの仕事となりがちですが、こちらの場合は開発です。
自分にしかできないような、少しクリエイティブな仕事となりますので、単調な仕事が嫌いだという方はこちらを選んでみるのもお勧めです。
情報収集から始まり、商品が実際に店頭へ並ぶまでに必要な一連の仕事は、仕事のやりがいがあります。

しかしながら問題があるのも事実です。
開発の仕事はやりがいのある仕事であるだけでなく、コンビニ本社に就職することになるため、収入の面に関してもとても安定しており、人気が非常に高い職種となっております。
開発の仕事はコンビニ運営会社の花形とも言える存在であり、その倍率は数百倍にまで上がることもありますので、非常に狭き門なのです。