NSTとは?

医師や薬剤師、看護師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など、医療の現場にいるそれぞれの分野におけるスペシャリストは、日々患者さんの治療にあたっていますが、基本的にはそれぞれが独立して患者さんを見ることになります。
当然それだけでも充分に医療の力は発揮されることにはなりますが、より効率的に患者さんの治療を進めることができる方法として、現在ではNSTという手法が用いられることも多いです。
NSTとは栄養サポートチームのことを意味しており、それぞれのスペシャリストが職種を超えて連携を取ることで、患者さんの健康をより良いものにすることを目的として結成されています。

栄養サポートチームは、以前はあまり浸透していなかった手法ですが、現在では多くの医療機関で結成されるようになりました。
患者さんの健康を支える上では、1分野のスペシャリストだけではどうしても限界が出てしまうものですが、職種を超えた専門家達がチームで患者さんの治療にあたることにより、これまでに無い包括的なサポートをすることが可能になりました。

NSTにおける栄養士の役割

このNSTには、医師や薬剤師、理学療法士などが参加することは勿論、管理栄養士までもが参加することもあります。
実際行う治療に関しては医師と薬剤師、そして理学療法士が担当することは勿論ですが、その治療チームに管理栄養士が加わることで、治療後のサポートやより効率の良い治療が可能となっています。

栄養の管理がきちんと行き届いているかどうかをチェックしたり、栄養の管理方法を指導したり、また栄養管理に伴う合併症の予防や治療を行うことが、NSTにおける栄養士の仕事となります。

栄養士と聞くと栄養素がどの程度含まれているかについて計算をし、実際に食事を作ることなどを想像されるかもしれませんが、仕事はそれだけではありません。
チームとなって密に連携を取り合うことも重要な仕事になりますし、栄養学における見地からスタッフたちに問題点や治療方針について提言することも仕事となります。

食事は日常的な行為であり、これが疎かになってしまうと病気になってしまったり、病気にかかりやすい体になってしまいます。
そのため栄養士は患者さんの日常を支えるパートナーとならなければなりません。
どのような食事にすれば健康は保たれるのか、どのような栄養素をどれだけ摂取すれば効率的に治療が行えるのかについて具体的な説明を患者さんに説明することが仕事なのです。

栄養指導は患者さんだけでなく、ご家族の方に対しても行われる場合があります。
特に食事を実際に作るのはご家族の方々である場合には、どのような点に注意して調理を進めれば良いのか、具体的に説明する必要があるのです。