よく聞くことが多い調理師の資格

テレビや雑誌などでもよく聞くことがある資格の1つが調理師なのですが、どのような資格なのかと聞かれると、料理の知識を持っている資格ぐらいしかわかっていない人も多いでしょう。
よく飲食店を開くためには調理師免許が必要と言われることもあるのですが、実際には調理師免許がなくても飲食店の開業は可能です。
もちろん持っているに越したことはありませんが、自身で調理師と名乗ると違法になるので注意しないといけません。

よく調理師だとテレビや雑誌などで名乗っている人がいますが、このような人たちは調理師の資格を持っているから名乗れるのです。
資格にはいろいろな種類があるのですが、調理師は国家資格になっているので、当然取得するのが難しくなっています。
興味のある人はインターネットを使って調べてみるとよいでしょう。

調理師によく似ている資格

調理師は料理に携わる資格なのですが、他にも料理に携わる資格がいくつか存在しているので、混同してしまうことも多いでしょう。
調理師によく似ている資格には、管理栄養士などが当てはまりますが、実際に資格を持っている人や、興味がある人以外は知らない場合が多くなっています。
では、管理栄養士と調理師の資格では何が異なっているのでしょうか。

それは優先順位なのですが、調理師は料理を行うための資格なので、当然調理をすることがメインになっている資格です。
それに対して管理栄養士というのは、調理よりも栄養に関する知識がメインになっているので、医療の分野の資格を持っている人が資格の取得を目指すことも多くなっています。
調理師の場合には衛生面に関する知識も必要になってきます。

調理師資格の取得方法

調理師の資格を取るためには主に2つの方法があるのですが、よく知られていて短期間で取得できる方法を紹介させていただきます。
1つ目は調理師学校や養成施設などに入学し、1年以上勉強を行うこと、2つ目は調理に携わる仕事に就き、2年以上経験を積むことです。
もちろん1年以上学校で勉強すると同時に、卒業することが条件になりますし、2年以上経験を積んだ場合には、試験に合格することが重要になります。

調理師学校などに入学して1年勉強し、卒業した場合には無条件で調理師の資格が付与されるので、最も簡単な方法だと言えるでしょう。
逆に飲食店などで2年以上経験を積んだ場合には、受験をして合格しないといけないので、通信教育などを利用して勉強しないと難しくなっています。
ただし、未経験で飲食店に就職したとしても、すぐに調理をさせてもらえるわけではないので、実際には2年の経験では短いと言えるため、自信がつくまでしっかりと経験を積み、勉強をしてから受験に臨みましょう。