「食」と聞いてまず最初に思い浮かべる職業として、調理師や料理人が挙げられるでしょう。
なぜならば、その名称に具体的に何をしている職業なのかがあらわれているし、実際に目にしたことや普段からある程度認識があるからだと思います。

一方で栄養士というのは、確かに名前は知っているけれど、具体的に何をやっている職業なのかということがいまいちぴんとこない。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、このページで栄養士がどのような仕事をやっているのか基本的なことを紹介します。

食を通じて健康に

栄養士と言っても、職場も様々なうえに多くの専門的な関連資格も存在するために、それらを全て紹介することはできませんが、根本は同じだと言えます。
それは、「食を通して、人の健康にたいするサポートを行い、またその知識を活かして栄養についての指導を行う」ということです。
勿論、知識を用いる相手が職場によって違います。

例えば、下記のサイトでも書かれているように、小学生の給食を作る職場では、成長期の子供に適切な栄養バランスや量を考えなければなりません。
kirakira01yel>>学校給食の概要について

また、入院患者がいるような病院では、それぞれの患者に対してできるだけ最適な食事というものを考え、プランを作成する必要があります。
しかし、いずれにせよ食べさせる相手を考えた最適な栄養を提供することや、勿論それがおいしいことであることもある程度求められます。

さまざまな人をサポート

上級職である、管理栄養士はレクチャーを行うことやさらに複雑な食事療法などについて知識が求められることもありますが、やはり基本的には同じことをやっています。しかし、こちらは国家資格のために、より重要な職務をまかせられたり、待遇に差があることが知られています。また、最近ではそもそも募集の段階で管理栄養士であることなどが条件としてつけられていることがあるために、せっかく栄養士養成施設を卒業したからには目指してみるべきものでしょう。

そのほかにも、スポーツジムやアスリートなどに代表される専門的な施設や人を相手に雇われるケースもありますが、その際にもその人に最も合った食事はなにかということや、必要があれば食事方法も指導することがあります。
栄養士は、きちんとした食生活を指導することによって少しでも地域の健康に貢献できる職業なのです。
食事というのはきちんと考えられた献立を食べていれば、健康は維持しやすいものだったり、便秘や下痢の回復など簡単な疾患に対して有効な場合があります。

逆の例として偏食をしている人が体調を崩してしまうように、間違った知識や食事に関心を持たずに食習慣を作り上げることは、実は非常に危険なことであることを栄養士は教えなければなりません。
食事というのは、人がかかさずに行う行為であり、また健康というものや自分の身体に直接影響を与えるものなので、何を摂取するのが正しいのかを考える栄養士という仕事は、人間にとって非常に重要な職業なのです。

職場を探す際には、できるだけたくさんの情報を仕入れてできれば実際に言ってみたり、そこで働いている人の話を聞くなどしてしっかりとイメージを固める必要があります。

今から紹介するように、栄養士は驚くほどたくさんの場所で活躍でき、
それだけ就職先も違うのでその職場の良いところと悪いところをしっかり判断することが必要だと言えます。

yasai_tomato>>スキルアップ
栄養士としてスキルアップを目指す方へ、必要な資格の紹介。