現在、栄養士は多くの職場で活躍しています。
それと同時に栄養士の資格だけではなく、さらに他の資格や技術を身につけて就職している人も多く存在しているのが最近の傾向です。

例えば、ただ栄養だけの知識をだけでなく調理の知識と技術を持っていればさらに工夫を凝らしたメニューの提案ができますし同じ職場にいる調理師に対してもより的確な情報を与えることができるのではないでしょうか。
そのような考えから、調理師の資格を取得している栄養士も多くいますし、栄養士学校では調理師の免許も同時に取得できるような制度を作っている学校も多くあります。

ということで、栄養士のスキルアップに最適ないくつかの資格を取り上げてみます。
最も一般的なのが上記にも挙げていますが、調理師免許です。やはり、より技能に特化した資格というのは、知識に重点が置かれている栄養士にはマッチングした資格だと言えます。

そのほかには、料理の見た目やレストランの見た目まで食に関するデザインの知識を持つフードコーディネーターとして活躍する栄養士もいます。フードコーディネーターは近年注目度が上がってきている資格です。食の質を高めるというのはただ単純に食べるものの素材や味だけではなく、その見た目やそれを食べるテーブルやお店の雰囲気までもプロデュースするという考え方は今まではそこまで有名なものではなかったので近年特に健康ブームとともにより個性的で特徴的なフードコーディネーターは知名度とともに人気も上昇中です。

そのほかの職場として言われてみると納得できるのが介護士・介護福祉士の資格を取得している栄養士です。
介護の現場で、食事についてもきちんとした知識や技術を活用することによってより健康で長生きに結び付くという考え方は、確かに的確なものですね。
この他にもスポーツに関わる栄養士の中には「公認スポーツ栄養士」という資格だけでなく、スポーツインストラクターとして体を外からもサポートすることができる方もいます。

栄養士という資格はそれだけで十分に職場で活かすことができるものですが、職場や自分の理想のために他の専門的な知識や技能を学ぶことによってより、現場に即した価値の高い人間になれます。ただ、栄養面の一つ覚えではなく、合わせ技によって自分自身を創造することも可能なのが栄養士という資格・職業のもう一つの側面ではないでしょうか。