栄養士になるには、どのような学校に通う必要があるのか、またその際にどのような注意点があるのかについては説明しました。
しかし、どの専門職にも向き不向きがあるように勿論栄養士にもある程度、そういったものがあることを説明しなければなりません。

食に関心がある人

まず第一に、当たり前のことですが「食べること」に携わる職業なのですから、自分自身も食というものに強い関心を持っている人が目指すべきでしょう。
直接調理するわけではないし、専門とすることはその知識を生かした情報の提供ですから、料理が上手でなければならないということではないですが、一方でいくら栄養のバランスが優れたレシピを考案してもその味や見た目がお粗末では誰も食べたいとは思いません。
ですから、料理が特別上手である必要はありませんが、「食」というものに強くこだわりや意識が持てるということが求められます。

健康に関心がある人

次に、健康というものに興味・関心があることが大切です。
こちらも、当たり前といえば当たり前ですが、栄養士はそもそも偏った食事や健康を損なう恐れのある食生活を改善させて健康的な日々を送れるようにサポートすることが役割なのですから、単においしい料理を提供するだけでなく食べる人に合わせた栄養のバランスなどを考え、健康に良い食事を考案しなければなりません。
そのためにも、まず自分自身が健康に関心を持っている必要があるでしょう。

コミュニケーション能力・体力

その他にも、他の職業と共通して求められるものに、「コミュニケーション能力」があり、また食というのは時代によって変わってくるものですから常に新たな知識を得るために勉強していく必要がありそのために努力できることが大切です。

また、少し意外に感じますがある程度の力仕事が求められる職場も存在しますので、体力が求められます。
職場によってはシフト制で夜勤が存在したり一度にかなりの量の料理を作らなければならない所もあるため、それなりに体力がないと大変だということは知っておいた方が良いでしょう。

これから栄養士を目指すという方の中で、もうすでに社会に出て何年もたってしまっているために今更栄養士を目指すのは。と考えている方もいるかもしれませんね。
しかし、年齢的な適性は栄養士にはありません。
現に、栄養士学校にいく人の中でそのように一度社会人を経験しているという人がかなりの数います。
栄養士になろうと思い立った時が栄養士としての適齢ですから、心配せずに飛び込んでみましょう。