栄養士・管理栄養士を目指すには

栄養士や管理栄養士は国家資格として扱われる排他的業務が可能となる仕事です。
そのためこれから将来の職業を決める学生だけでなく、一度は社会人として就職をしてからキャリアアップのために勉強をしなおす人もかなり多く見られます。

栄養士の資格は資格試験を受けるだけで取れる種類のものではなく、実技講習を伴う専門課程を所定年数受けなければいけません。
栄養士養成課程は全国に約140校があり、大学、短大、専門学校などさまざまです。
これらの学校に入学をして課程を修了することで卒業時に自動的に資格を取得することができます。
栄養士課程よりもさらに専門的な職務を行うことができるのが管理栄養士で、こちらは学校の管理栄養士課程を経なければいけません。

管理栄養士の場合は栄養士と異なり卒業によって得られるのは国家試験の受験資格となりますので、その後自分で管理栄養士の国家資格試験を受験しそこで合格することで厚生労働大臣より管理栄養士の免許が交付されます。

ちなみに栄養士養成課程は最短2年ですが、管理栄養士養成課程は最短でも4年となっています。
栄養士課程のある学校を卒業してから実務経験を積むことで管理栄養士の受験資格を得ることもできますが、その場合には課程と実務経験期間合わせて最短5年なので、最短で管理栄養士を目指すなら最初から管理栄養士養成課程がある学校を選んだ方がよいでしょう。

最終的にどういったところで勤務したいかで学校を選ぶ

栄養士や管理栄養士を目指すなら、最終的に自分がどういった場所で勤務をしたいかということを考えて学校を選ぶのがよいでしょう。
まず最初に絶対確認しておきたいのがその専門学校で認可されている養成課程があるかどうかです。
食品や栄養について取り扱っている学校であっても認可がなければ栄養士資格は付与されませんので、まず学校案内をよく読み何年の課程でどういった資格がとれるかをしっかり学んでいきましょう。

なお栄養士・管理栄養士養成課程は実習がかなりのウエイトを占めることから夜間部はなく必ず通常の昼間の学習課程となります。
勤務先として希望しているのが食堂や給食センターなど一般的な人を対象にした場所なら栄養士資格だけでも十分です。

しかしこれが病院食を扱うところや、アスリート向けのスポーツ訓練施設、高齢者のための食事を扱う場所といったように特定の目的を達成するための食事を作るところならば、管理栄養士の資格がないと専門業務を行うことができません。

管理栄養士となることで圧倒的にできる仕事の幅が広くなりますので、将来的にスペシャリストを目指すなら管理栄養士課程のある4年制の大学や専門学校を選んだ方がよいと言えます。