アルバイトは需要が多い

栄養士が働く場所は、病院や介護施設、学校に企業など幅はとても広いですが、しかしながら正社員としての需要は少ないという現実があります。
正社員を希望する場合には病院や企業に就職することをお勧めしますが、栄養士自体が既に飽和状態にあるため、供給過多になってしまい、なかなか正社員にありつけません。
それでも栄養士としての仕事をしたいという方は、パートやアルバイトで探せば需要も多いですのでそちらを選んでみることをお勧めします。

アルバイトとして栄養士を欲している企業は多く、全国のどの地方に行ったとしても需要があるのが特徴です。
しかし、実際に行う仕事としては、調理スタッフの目的として雇用するケースが多いですので、健康を考えた献立を立てるなどの業務は基本的に任されることは無いと思っておいた方が良いでしょう。
言葉は悪いですが、雇用する側から見れば所詮はアルバイトという見方ですので、企業の業績に深く関わるような業務については任せられないというのが本音でしょう。

したがって、パートやアルバイトで仕事をするのは経験をするだけ、という感覚の方が良いです。
仕事を通してスキルアップを目指したいという方もいらっしゃるかもしれませんが、現実や実態は嘆かわしいことにその程度なのです。

アルバイトの仕事内容は?

アルバイトでの仕事は基本的には調理するスタッフであることは前記した通りですが、具体的な仕事内容は実際に調理をすることです。
献立自体は既に決まっており、規則に従って調理を進めるだけという仕事です。
大量に調理をしなければなりませんので、食材などもキロ単位で使用することもざらにあります。

したがって力仕事になることは必至ですので、どちらかと言えば栄養士としての知識が必要と言うよりも体力の方が必要となると表現した方が正しいでしょう。
給食スタッフは正直言うと栄養士という資格が必要というわけではありませんので、どのような方でも働ける現場となります。

既婚女性がパートで仕事をしていることもありますし、男子学生がアルバイトをしているというケースもあります。
決して女性だけで運営されているというわけではありませんので、その点は注意してください。

都会ならば男性が入っていることも多いですが、しかし地方の給食スタッフの場合にはどちらかと言えば中高年の女性方が働いているというケースが多いです。
女性が多いと人間関係が複雑になってしまっていることも多いですが、それは働く場所にもよりますので、運次第だと考えておいた方が良いです。

栄養士の知識や技術を活かせる仕事をしたいのは資格を持っていれば当然ではありますが、給食スタッフの実態は献立を立てたり栄養指導をするのではなく、実際に調理をするだけですので、そこだけは勘違いしないようにしてください。