「食」の総合学園として管理栄養士資格取得に多くの実績を持つ

二葉栄養専門学校は、学校法人古屋学園によって運営される「食」を中心とした職能を身につけることができる総合学園です。
古屋学園は1937年に吉祥寺に創業者である故古屋キノがいくつかの学校を作ったことがはじまりです。
その後1963年に「学校法人古屋学園」として組織をつくり、1968年に二葉調理師専門学校を開校しています。

学校の改築や学校教育法の改正に合わせた学校組織の変更を経ながら2012年に二葉栄養専門学校は管理栄養士科と栄養士科が文部科学省により職業実践専門課程として認定を受けています。

2017年の時点で古屋学園は創立80周年を迎えており、「二葉栄養専門学校」「専門学校 二葉製菓学校」「二葉ファッションアカデミー」の3つの学校組織として運営しています。

二葉栄養専門学校では、調理師科(1年制・2年制)、管理栄養士科(4年制)、栄養士科(2年制)という4つの科で構成されています。
ただし二葉栄養専門学校・二葉製菓学校・二葉ファッションアカデミーは同じ東京都武蔵野市吉祥寺の敷地内にありますので、違った科の人同士が交流しマッシュアップしながら技能を高めていくことができます。

就職対策に大きな強みがあります

管理栄養士科・栄養士科ともに共通しているのが「食」のスペシャリストとして高度な学習内容を習得することができるということです。
創業からの歴史の深い二葉栄養専門学校であることから地域の就職先とのパイプも太く存在しています。
古屋学園があるのはJR・京王井の頭線・東京メトロ東西線の吉祥寺駅から下りてすぐの場所であり、3つの学校が同じ敷地内で運営されています。

管理栄養士養成課程においては難易度の高い国家試験に合格するための特別カリキュラムが用意されており、レベルの高い講師陣を揃え100%を目指す教育が行われています。

同じ敷地内の学校である二葉製菓学校や二葉ファッションアカデミーは過去に各種大会で受賞経験も多くあり、全体として非常に高度な教育ができる環境であると言えるでしょう。

二葉栄養専門学校への入学は管理栄養士科では40名、栄養士科では120名、さらに実践栄養コースでは40名が定員として募集されています。
応募資格は高等学校卒業(見込含む)以上の学歴の人で、推薦の場合は毎年10月1日から、一般の場合は11月1日から書類選考を受け付けています。

社会人や大学生は9月2日からの受付となっており、書類審査の他に特定の課題を与えたり面接をして判定することもあります。
体験入学や見学説明会は9月上旬以降3月末まで随時無料で開催されているので、気になる人は気軽に申し込んでみてください。