栄養士の中にはいくつか固有の名前を持つ職業があります。
固有の名前を持つものの多くは、それらにより専門的な知識を持ち、最適なアドバイスを送ることが求められることを理由に挙げられます。

その中の一つである、スポーツ栄養士はその名前からもわかるとおり様々なスポーツにおいて必要とされる食事方法について専門的な知識を用いてより効果的な方法を考案し提供することが主な仕事としています。

健康指導

67792a9131402be81deaa86ee1775d59_s
一口にスポーツといってもその種類やスポーツ栄養士全体が関与している範囲は広く、国を代表するトップアスリートや各種スポーツにおけるプロリーグで活躍する選手たちは勿論のこと、地方のトレーニングジムで汗を流し健康を維持することに努めている一般のスポーツ愛好家の方々に指導を行っている人もいます。

このスポーツ栄養士ですが、実はこれもただ単にスポーツに関わる栄養士というわけではなく、れっきとした一つの資格なのです。
正式には「公認スポーツ栄養士」と呼称されるもので、いくつかの必要条件をクリアしなければ得ることのできないものです。
公認スポーツ栄養士については下記のサイトより詳しく知ることができます。
kirakira01yel>>公認スポーツ栄養士について

スポーツ栄養士になるには

では、どうしたらなれるのかということですが、まず前提として管理栄養士の資格を取得しておくことがあります。
つまり、まず管理栄養士のページで説明したように、4年制の管理栄養士養成施設の卒業もしくは短大などの栄養士養成学校を卒業後職場での経験を積むという過程を経て国家資格を取得しなければならないのです。

そして、その後に日本体育協会または、日本栄養士会が認めた管理栄養士が日本体育協会が開いている講義に参加しそれを修了することが必要です。
それらすべてをこなした後に、同協会に資格登録を行うことによって初めて「公認スポーツ栄養士」となることができます。

これはアスリートが求められる食事というものが一般的な食事と必要な栄養素が違うためです。
それ以外でも、より専門的な知識がなければならないために、多くの実習を積み重ねたり、専門とするスポーツの種目についても深く知っている必要があることが理由に挙げられます。
実際に、現在スポーツ栄養士として活動中の方の中でも、運動生理学など学問から自分の専門としているスポーツの知識について学会に出席するなどして深めることを日課としています。

また、公認スポーツ栄養士の資格だけでなく「健康運動指導士」などの運動そのものに関する資格も取得している方もいるためにいかに専門性に富んだ職業であるかが伺えます。
実際の働き方としては、最終的に自分の知識をスポーツをしている人に教えるということは変わりないですが、フリーエージェントとして自身の身を建てる人もいれば、スポーツチームのマネジメント会社に雇われて働いている方もいます。

スポーツジムや地方の体育館でレクチャーを行う人もいますので、スポーツ栄養士と一口にいってもその働き方や働き口については非常に広範囲なものであると言えます。
自分はプロにはなれなかったがスポーツ選手やスポーツに関わる仕事に就きたいと思っている方は一度検討してみても損はないでしょう。