栄養士の活躍の場

パプリカ

現在栄養士が活躍できる職場は非常に多種多様です。
一般的に栄養士が働く場として思い浮かぶ病院・学校・社員食堂などといったものだけでなく、レストランや老舗の飲食店でも栄養士の資格を持った人が勤務していることは少なくないです。

広い活躍の場

それ以外でも、出張してアドバイザーをするようなフリーランスの栄養士や、スポーツクラブが直接雇って活躍しているスポーツ栄養士、ペット専門の栄養士など調べてみるとびっくりするくらい多くの職場で栄養士は活躍することができます。

それは、もちろん「食」というものが人にとっていかに重要な要素であるかを示していますし、昨今の健康ブームも影響して食事に関しても健康というものを考えたいという世間のニーズもあります。

最近では、栄養士の資格を持つフードアドバイザーと呼ばれる人が書いたレシピ本やブログ・ウェブサイトが大きな人気を持ち、栄養士の資格を持っていない人でも栄養に気をつけた食事を心がけているということも決して珍しいことではなく、むしろ当たり前のこととなりつつあるのではないでしょうか。

例えば、生活習慣病に対するケアの意識であったり、最近では女性だけでなく男性も体形を気にする人が増えていますから、ダイエットに関する知識として栄養学を取り入れたいという考え方もあるようです。

そのようないろいろな理由から注目度の高い栄養学ですが、勿論それを専門的に扱う職業・資格が栄養士です。ですから、その活躍の場は今以上に今後広がる可能性がありますし、学校の共学化などの要因で栄養士そのものも数が増加することが考えられます。

一方で知識そのものを一般の人でもある程度は持ってきていますので、栄養士はより高度でかつ解り易く説明できるようにならなければならず、そのために栄養士や管理栄養士になった後でも勉強していかなければなりません。

求人募集が多い

しかし、現状においては女性が多いこともあり結婚や出産のために退職をすることが多いのも栄養士でその募集はいたるところで見受けられます。
ですから、資格さえ取得してしまえば、働き口に困ってしまうということはあまり考えなくてもよいでしょうし、逆に自分の関わりたい分野に栄養士として力を発揮することが可能な時代だと言えるでしょう。

食を通して、たくさんの人たちを笑顔にし、健康に毎日を送れるようにしてあげたいというのは栄養士共通の気持ちでしょうが、それ以上に各栄養士ごとにもっと具体的に願う相手を持っています。
例えば、小学校の給食センターで働く栄養士は地域の子供たちのために、毎月の給食の献立をたてているのです。

傾向を見てみると管理栄養士や栄養士の資格を持つ人が働き口として選んでいるのは、私たちのイメージ通りの場所が多いです。
つまり、福祉施設や住宅施設、社員食堂などが主に栄養士が勤める職場のようです。
そのような職場に転職する際は、下記のサービスを利用するのが良いでしょう。

kirakira01yel>>栄養士の求人を探す

一つの職業、社会人としての栄養士の立場から見ればやはり、安定した職場環境が良いですし、また、栄養士としての資格をフルに活かすことができる方が良いでしょう。
しかし、上記の理由のようにしばしばそのようなところでも欠員が出るため、募集は多くかかる職種です。

そのため、現在の待遇に満足していない栄養士の方々や、もう少し通いやすい職場を探している栄養士の方は、より簡単に求人を見つけたり、なるべく多くの情報が載っている求人サイトを見ると効率よく探すことができます。

現在では、求人をインターネットのサイトで探すということはそう珍しいことではなくなりました。その上、各専門職についてもそれ専用の求人サイトが増えてきています。
上記で紹介した株式会社ウィットのキャリアプレスはそのような要望にこたえるために、飲食業界に特化した求人サイトです。

さまざまな生活スタイルで働ける

飲食業界で栄養士の資格を活かして働いているが、今の店や会社では将来が不安だと考えている方。
現在、栄養士として福祉施設などで働いているが、元々は飲食業界へ憧れがあったという方。
元々、栄養士として働いていたが、結婚して育児のために退職し、子どもが小学校などに上がったために職場復帰を考えている方。

キャリアプレスでは、そのようないろいろなケースで利用できるような様々な工夫がされています。
せっかく学んで取った資格です。より自分望む形でそれを活かすべきではないでしょうか。

栄養士としての仕事は確かにどこにいっても同じものなのかもしれませんが、
職場によってその与えられるビジョンや自分の満足度は変わってくるものです。

もしかしたら、今よりも素敵な出会いが他の職場で待っているのかもしれませんし、
現状で満足ができていないのなら、より満足ができる職場に転職することはできることなのです。

そのような考えに至ったら、まずはキャリアプレスで相談してみるというのも一つ手段でしょう。