在宅ワークの紹介

在宅ワーク

栄養士の資格を活用して在宅ワークができる

インターネットが発達している現在では、どこでも仕事ができる環境が揃っています。
パソコンを使った仕事には事務的な仕事もありますが、会社に行かなくてもパソコンを使って仕事をすることができます。

それは栄養士でも同じです。

一般的に、栄養士の資格保持者は食堂やメーカーで働く際に重宝されますが、それ以外にもこの資格の使い道はあります。
食や栄養に関する専門知識を備えた栄養士は在宅ワークでも需要が高く、仕事も多くあります。その一部をご紹介します。

在宅ワークでもできる仕事内容

栄養士の資格を活かした在宅ワークをする場合、以下のような仕事内容があります。

食事トレーナー

お客様から送られる食事の写真をもとに、栄養バランスについてアドバイスする仕事です。
個人に合わせたパーソナルトレーニングが主流となりつつある現在、とてもニーズが高まってきています。

レシピ作成・開発

企業や会社の食に関するWEBサイトの企画や開発に管理栄養士・栄養士の目線で携わる仕事です。
専門知識や経験を活かし、自由な発想でアイディアを形にできます。

ライティング(栄養に関わるコラム・記事作成)

赤ちゃんの食事だと離乳食から始まり、高齢者だと誤嚥防止や食事バランスを考えることはとても重要なことです。
食事、栄養を考えることは健康的に生きていくことにも繋がります。正しい知識をもって情報を発信できることはやりがいになるはずです。

レシピ本の出版

タジン鍋、スチームクッカー、弁当男子、無水鍋、キャラ弁、低糖質ダイエット、カロリー制限レシピなど注目とニーズは多岐にわたります。
栄養や健康、料理自体に興味をもつ人も増えてきており、需要は高まっています。

この他にも栄養士という資格を活かして、栄養や食にまつわる仕事を無限に広げることが可能です。

在宅ワークのメリット

栄養士の資格をもちながら在宅ワークをするメリットは、何と言っても家事や子育てと仕事を両立できる点にあります。

子どもが小さいころは自分で面倒をみたいと思う人も多いはず。しかしそれでは収入が減り、家計はきびしくなります。
保育園に預けて仕事を探しても、ライフスタイルに合った条件の仕事を探すのは難しいものです。

そんな悩みをもっている方におすすめしたいのが「在宅ワーク」です。

栄養士としての実績があり、業界大手の企業からお仕事をいただけるような態勢が整えられれば、収入についてもある程度は安定するという点も大きな魅力です。
その他にも、自分の力やスケジュールに合わせて仕事の量を加減できることも在宅ワークのメリットであると言えるでしょう。

在宅ワークのデメリット

栄養士の在宅ワークについてメリットを紹介しましたが、一方でデメリットもあります。

その一つとして、在宅ワークの場合、特定の企業に属して働くといった雇用契約ではないことが多いため、継続した仕事が得られにくくなっており、収入が安定しないことがあります。

仕事の管理、報酬といった交渉・スケジュール調整も自分で行わなければなりませんし、体調管理などもしっかりおこなわなければならないといった自己責任の部分が必要です。

また外で働く場合と比較すると、明らかに外出する回数が減少してしまうため、一日中他人と合わない日が続いたり、出不精になってしまいがちであるという点です。
自分の身なりには気を使わなくなったという方もいるようですので、そういった点がデメリットであると言えるでしょう。

在宅ワークに関する求人探しについて

栄養士の在宅ワークは、多岐にわたって求人があります。
インターネットで探すだけでもある程度は募集がありますし、自ら業者さんに問い合わせてみるのもいいでしょう。

仕事内容としては、栄養士の資格を活かした仕事が多く、心配ありません。
具体的には、献立の作成や栄養価の計算、食事と健康に関するコラムの執筆などが仕事内容となります。

どの仕事も栄養士としての知識が必要となりますし、そこにやりがいを感じるという方も多くいらっしゃいます。

パートやアルバイトだから職場に行かなければならないという時代はもはや昔の考えだと言ってもいいでしょう。
家にいながら、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる時代なのです。

栄養士が在宅ワークをする際の心得

栄養士の在宅ワークについて、メリットとデメリットを紹介しましたが、どちらも一長一短です。

確かにデメリットもありますが、産後にすぐに働けたり、家庭内のことと仕事が両立できるというメリットが大きいので、栄養士として働くママの中では満足している方も多いようです。

働くことによってやりがいができると生活にもハリが出ますので、これも在宅ワークが選ばれる理由だと言えるでしょう。

お子さんがいらっしゃる場合や、家事を全てこなさなければならない、それでも仕事は楽しいし収入にもつながるため続けていきたい、そんな方こそ在宅ワークがおすすめです。