栄養士の活躍の場所は広がりつつあります

栄養士の本来の業務として想定されているのは、特定の人や団体の食傾向を調べそこから適切な改善をするための活動をしていくということです。

しかし他大勢が集まる学校や学生寮であっても、栄養に関する専門知識を持ってメニュー作成にあたる人材は1人いれば十分ですので、求人数自体は資格者に対してかなり少ないレベルにとどまってしまいます。

新たに栄養士という職業が登場し、それまで各家庭任せになっていた食と栄養についての管理を専門家に依頼するようになった時代ならばどんどん求人もありましたが、現在ではそれも一巡し現職の人が辞めなければ欠員が出ないというのが現状です。

そのため新たに栄養士の資格を取得したばかりの新人が先輩たちの間に割って入り仕事を得るというのはかなり難しいと言えます。

これから栄養士として仕事をしていくことを考えるなら、栄養士としてのスキルのみではかなり厳しく他の専門知識がプラスアルファとして求められるということはよく知っておいた方がよいでしょう。

また栄養士資格だけではできる仕事も限られていますし上位資格の受験資格もありませんので、出来る限り管理栄養士の資格を目指すようにし、そこからさらに別のスキルを得て人材としての価値を高めていきましょう。

既に栄養士の現状に気づき、自分たちらしい仕事をして行こうという試みのもと新しいジャンルを開拓している人も多くいます。

新しい栄養士としての可能性を探る

栄養士としての求人は下火になってきていますが、世間的な「食」への関心は決して低くはありません。
テレビや雑誌を見れば毎日のように見かけるのが「ダイエット」や「アンチエイジング」などの健康維持のための方法です。

健康食品を取り扱う企業も多く、食事を改善することで健康を維持し自分の体を丈夫で長生きできるものにしようという人は潜在的に非常に多く存在しています。
つまり食のプロフェッショナルである栄養士の仕事はそうしたニーズを上手くつかんでいくことで新しく開発をすることができるということです。
特にメニュー開発、商品開発などの研究職の求人は栄養士の資格取得者から人気の職業です。

栄養士とのダブルライセンスとして「フードコーディネーター」や「調理師」といった食事そのものを自分で作る能力を身につけ、料理研究家やフードアドバイザーとして書籍の執筆をしている人も見られます。

こうした仕事はいわば「食のスタイリスト」と言われるもので、映画やグラビアの撮影で使用される食事のコーディネートをしたり、食品メーカーの試食会での提供の方法などを考えていきます。

また最近では日本食が世界的に注目をされていますので、外国人観光客に向けて日本食を紹介するような仕事に就くときも栄養士の資格は大変役に立ちます。