学校栄養士

学校のイメージ

栄養士が活躍できる場所は病院や学校、福祉施設や食品メーカーなど仕事の環境は多岐にわたります。どこに勤務するにしてもサービスを提供する対象は変わってきますが、サービスの内容自体は変わることがありません。

栄養士の最終目標は、食を通してサービス利用者に健康になってもらうというものです。学校栄養士の仕事は単に給食を作るだけというわけではなく、栄養の大切さ、食事と健康の関係などを指導することも必要になってきます。

学校栄養職員と学校栄養教諭

学校に勤務する栄養士は2つに大別されており、それぞれの名称も異なります。学校栄養職員は給食のメニューを考え、場合によっては実際に調理をする仕事。学校栄養教諭は子供たちに栄養と健康について指導するという仕事です。

栄養バランスが考えられた食事を生徒たちに提供することはもちろん重要ですが、美味しく食べられるということもしっかり考慮してメニューを作る必要があります。また栄養指導については、実際に子供たちに対して講義をすることもありますが、お便りを作成して保護者にも栄養や食事についての重要性を理解してもらう仕事もあります。

子供たちから直接給食の感想をいただくこともしばしばあります。学校栄養士として長い年月仕事をしていると、子供の成長を間近にできるため、そういった点も学校栄養士の仕事の面白さであると言えるでしょう。

学校栄養士の実務は?

実務では、朝に出勤して朝礼をする、10時頃までは書類の整理などの事務作業を、そこから昼食の時間までは実際に調理の作業を確認する時間となります。午後になると調理場を清潔に保つために掃除をし、それが終わると次のメニューを考えるというように、この時間から業務が忙しくなります。

また、学校栄養職員はほかの先生たちと一緒に職員会議にでなければならないこともありますので、それがある日はいつもの忙しさに加えて更に拍車がかかります。仕入れの仕事も忘れてはなりません。何をどのくらい仕入れるのかについて計算することはもちろんですが、それだけでなく決済についても重要な仕事となりますので、ある程度事務処理の能力も求められます。

学校栄養士になる方法

まず、栄養士になるには資格の取得が必須事項です。厚生労働が指定する栄養士の人材を育成している施設に通い、指定の単位を修めることで、栄養士の受験資格が得られます。1年に1度実施される栄養士試験に合格することで、栄養士の免許を取得。そこからは、病院が学校、福祉施設など、どこの職場で働くかを選べます。

学校栄養士の給料や待遇について

栄養士の給料は働く職場の規模によって変化します。一般的に給食センターで働く栄養士の年収が340万ですので1ヵ月あたりの給料は28万3,000円です。資格手当やボーナスも用意されているため待遇面も期待できます。

学校栄養士の仕事はやりがいのある仕事となることに間違いありません。しかしながら、非常勤講師として仕事をする場合には、問題点もあります。それは夏休みや冬休み、春休みといった長期休暇の最中は仕事が全くなくなってしまうという点です。収入も不安定なものになってしまいますので、その点は考慮しなければなりません。

朝から仕事をして、残業もほぼなく、夕方には帰宅できるという点はメリットですが、デメリットもありますので、仕事先を選ぶ際にはメリットデメリットを把握しておきましょう。